db


愛知県が大阪府を「名目GDP」で逆転




f:id:kohhe:20190427143008j:plain

愛知県と大阪府のGDP

ニュースで知ったが、愛知県が大阪府をGDPで逆転したらしい。気になって自分で大阪府、愛知県それぞれのサイトで各々が公表しているGDPを確認してみた。

 

愛知県

f:id:kohhe:20190427140417p:plain

f:id:kohhe:20190427140454p:plain

愛知県の県民経済計算(平成27年度) - 愛知県

 

大阪府

f:id:kohhe:20190427140434p:plain

大阪府/大阪府民経済計算

 

平成27年度名目GDPが愛知県39兆5593億円、大阪府39兆1069億円となってる。たしかに逆転してる。愛知県は平成30年2月27日公表、大阪府は平成30年3月9日公表してるので、最新の情報というわけではない。というより前年度をみると、すでに平成26年度で名目GDP逆転してる。GDPで大阪と愛知が逆転したらもっと前から耳に入ってないはずがないと思い、今度は連鎖実質の方をみると、愛知県37兆3755億円、大阪府38兆579億円とある。こっちは逆転していない。名目と実質で違ってくる。

名目と実質

● 名目GDP

名目GDPとは、国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額を表わす指標である。その年に生産された財やサービスについて、それぞれの付加価値を足し合わせて算出する。

● 実質GDP

実質GDPとは、国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額を表わす指標だが、物価変動の影響を取り除いて、その年に生産されたモノやサービスの「本当の価値」を算出したものである。言い換えれば、名目GDPから「物価変動の影響」を除いたのが実質GDPである。

 

一応内閣府の資料も確認したら、書いてある平成26年度の県内総生産の数字が愛知も大阪も違うことが気になった。これはどういうことなのかと考えると、GDPの算出基準が変わったことを思い出した。そう考えれば辻褄が会う気がする。算出方法は2015年度(平成27年度)から変わったみたいだから、内閣府の資料の平成26年度までのGDPは前の基準で算出したGDPを載せてて、都道府県のサイトは新基準で算出した数字を載せてたから数字が違ったということになるんじゃないだろうか。

f:id:kohhe:20190427140508p:plain

県民経済計算 - 内閣府

どう判断するか

抜いたのは名目GDPだけで実質GDPではまだ3位だけど、朝日や日経ではGDP2位になったと書いてある。名目GDPだけで抜いてもGDPが国内2位になったと考えていいらしい。たしかに内閣府の資料でも名目で表作ってある。実質GDPの方が適格ということで、実質GDPで作ってるランキングもあるので完全に2位になったとは言えなさそう。完全に2位になったといえるように実質でも抜かしてほしい。