db


iPhone用のBluetoothイヤホンとして愛用中「JPA2 Live」




常用していた安イヤホン

上にあるのがちょっと前まで使ってたイヤホン。イヤホンは結構すぐ駄目になるので常に予備を切らさないように、やたらレビューの多い上のイヤホンをまとめ買いしてストックしていた。音質はあまり気にする方ではないし、というかわからないので。不満が無いわけではないけど、安さ優先。かなり長いこと使っていた。

 

不満な点とは、有線であること。普段ラジオや音楽を聴きながら家の中で行動している自分にとってイヤホンのケーブルは常に悩みの種。ドアノブにケーブルが引っかかることが多々あって、その度に苛ついたり、やたらケーブルが絡まって鬱陶しかったり、普段は気にならないけど、一旦気になりだすとケーブルが邪魔に感じて仕方なかったり。

 

こういった不満もBluetoothイヤホンを買ってしまえば解決する話なのはわかってはいるけど、結局面倒臭かったり、安さを重視するあまり真剣に考えてこなかった。要するにそこまで不満に思ってなかったのかもしれない。

iPhoneXの影響

しかし、そうとも言ってられなくなった。iPhoneXを買ったからだ。iPhoneXは、イヤホンジャックはないけど、充電する場所に付属のイヤホンをさせば問題なく音楽が聴ける。 充電中には聴けないのが不便。変換ケーブルも付属してるので、今までと同じイヤホンも使えはするが、変換ケーブルが駄目になったり、付属のイヤホンが駄目になれば買い換えなければならない。将来するであろう出費やもともと有線に不満を持っていたことも考えると、ここらでBluetoothイヤホンを買おうと思った。

候補となるBluetoothイヤホン

まず最初に候補にあがるのは、当然「Airpods」。

 

高い。 結構ギリギリまで悩んで、実物まで試したけど、どうしても値段が値段だけに手が出なかった。ということでコスパのいいBluetoothイヤホンを探すことに。探すといっても5ちゃんねるのBluetoothイヤホン関連のスレッドで評判のいいものを見つけるだけ。そこで、結構名前があがってたのが下のイヤホン。

 

◯【 有線モード搭載 】一般的なワイヤレスイヤホンは電池寿命が商品自体の寿命となり、それ以降、商品を使用する事ができなくなりますが、JPA2 は電池寿命を迎えたあとも、有線モードにて永続的に使用する事が可能です。

◯【 JPA2 Live 音色特性 】モデル名 Live が表す様に、ライブハウスやコンサートホールにいる様な臨場感 を再現。クラシック、ジャズ、70’s ロックから最新ヒット曲まで、オールラウンドに気持ち良くならします。

◯【 ハイレゾ級の音響性能を追求した有線モード ~ 気持ちがアガる音質 】

◯【 一台二役 ~ 有線でも使える ワイヤレスイヤホン 】

◯【 AAC & aptX コーデック対応 iPhone も アンドロイド も高音質・低遅延! 】

◯【 製品仕様 】* Bluetooth: Ver 4.1* 通信可能範囲:10m* 連続使用6時間 ・ 充電時間:2時間* 対応プロファイル:HFP/HSP/A2DP/AVRCP* ハンズフリー通話用マイク ( 通話機能は、ワイヤレス時のみ対応 )* CVC 6.0 ノイズキャンセリング(※ ANC-アクティブノイズキャンセリング 機能とは異なります。* IPX4 防水* 音漏れ防止機能* 1年保証

 

iPhone使ってるやつはとりあえずこれ使っとけみたいな感じの意見が多く、Amazonのレビューもそこそこで値段も高くないので「JPA2」を買うことに決めた。充電が切れても有線モードで使用できるので安心。

 

f:id:kohhe:20190427153936j:plain
 

実物使ってみると思いのほかよかった。無線がここまで快適だとは。10mまでは離れても問題ないので、部屋にいる時は携帯を持ってる必要がない。音質に関してはわからないけど、不満はない。「Airpods」みたいに全くケーブルの部分がないものではないけど、特に気にならないので問題ない。このケーブル消す為にプラスして1万7千円払いますかといわれれば、余裕で払えるのであれば払うけど、とりあえず「JPA2」でいい。