db


シング・ストリート 未来へのうた(Sing Street)




 

 

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのPVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まった。

 

★★★★☆

 

最高の青春映画だと思った。閉塞感で鬱屈している日々を好きなものの力で突き崩すという王道ストーリーで若いエネルギーに溢れた作品。親しい兄と好きな女性によって格好と音楽が次々と変わるのが、影響を受けやすい多感な時期を上手く表現できててよかった。バンドはじめたばかりにしては演奏が上手すぎる気もするけど、リアルにしようと下手にすると聴いていられなくなるのでここらへんの線引は難しいのかなと。ただメインは主人公の成長物語なので自分は気にならなかった。

主人公周りの人物の描写も良く、主人公よりむしろそっちに共感する人が多いんじゃないだろうか。兄が本当にいい味だしてた。最後の最後で主人公は2人いたんだなと思えるほど。そして、エンドクレジット直前の文章でやっぱりそうだったんだと確信した。自分はこういう映画に弱いので高評価。