db


みんなが楽しく働く会社を作る8つのヒント/パティ・マッコード




f:id:kohhe:20190510031018p:plain

 

みんなが楽しく働く会社を作る8つのヒント

講演者:Patty McCord(パティ・マッコード)

多くの企業は、最低休日日数、出張規定、勤務時間、年次目標等を定める一連の規則に則って運営されています。でも企業がコントロールすることよりも信頼に重きを置いたなら、何が起きるのでしょう? Netflixの元人材担当重役として著名なパティ・マッコードが、規定集を捨てることになった気付きについて語ってくれます。

パティ・マッコード: みんなが楽しく働く会社を作る8つのヒント | TED Talk

 

OKRやPIP等、誰も意味が分かってない人事関係の用語の変な略語が山ほどあるが、会社の仕事は普通の言葉を使った方がうまくいく。人事の仕事にマネジメントの言葉が使えることは重要でない。みんなのやっていることを真似して「ベストプラクティス」とだけ呼んでいる「ベストプラクティス」がたくさんある。常に変化し進化している世界に適応するためのヒントをあげていく。

その1 大人として扱う

社員は大人だということ。社員を管理するために幾重もの階層や手順やガイドラインを作り、人を子供みたいに扱うシステムができあがる。子供扱いせず成熟した大人として接すれば、驚くような変化があるだろう。

その2 何が重要な指標かを知る

マネジメントの仕事は、人をコントロールすることではなく優れたチームを作ること。目覚ましい成果がでて顧客が満足しているかどうかが本当に重要な指標で 「時間通りに出社したか」「休暇を取ったか」「規則に従ったか」「ちゃんと許可を取っているか」 といったことではない。

その3 引き留めない

ただ引き留めるために引き留めるというのは、どちらの側にもよいことではない。出身地として素晴らしい会社になり、巣立った人々に会社の商品のみならず会社そのものや仕事ぶりを宣伝してもらえば、世界中にそういう熱意が広まり会社は素晴らしい場所になる。

その4 協力する

自分たちの会社の仕組みを教えることが最も重要なことだ。すごいことをしている会社というのは、協同的に仕事している。絶えず互いに教え合い、「何をしているのか」「何が重要なのか」 「何を指標にしているのか」「良い状態がどういうものか」 、そうすることで一丸となって同じ目標に向かえる。

その5 フィードバックの見直し

年次の勤務評価ではなく、その人がうまくやっていることや間違っていることについてやっているその時に真実を率直に伝える。

その6 リーダーの姿勢

企業理念を守るためにリーダーができる最も重要なことは、自ら理念を守って行動すること。

その7 柔軟性

スタートアップのアイデアというのは、みんな馬鹿げているのが当たり前。まっとうなアイデアなら他の誰かがとうにやっている。

その8 変化を恐れない

企業は変化に前向きな必要がある。ノスタルジーで盲目にならないこと。世界は常に変化し続けているということを受け入れて熱中すればするほど楽しいことが待っている。

感想

ありきたりなことばかりだと思った。ただ、自分がありきたりだと思う程浸透しているにも関わらず、何回も繰り返されているということはそれだけ実行するのは難しいということなんだろう。というより、上にあがってるヒントをすべて実行されるのが理想の組織なのかというそもそもの疑問もある。1、2、4、5、6くらいはまだ納得できるけど、残りは場合によりけりなんじゃないか。参考になるところだけピックアップすればいいのかな。