db


人を惹きつける話し方/ジュリアン・トレジャー




f:id:kohhe:20190510030137p:plain

 

人を惹きつける話し方

講演者:Julian Treasure(ジュリアン・トレジャー)

せっかく話しているのに、誰も話を聞いていない―そんな経験はありませんか? そんなあなたに、ジュリアン・トレジャーが救いの手を差し伸べます。この実用的なトークで、音の専門家 ジュリアンが紹介するのは、簡単な声のエクスサイズから感情をこめて話すコツまで――「力強く話す」ためのハウ・ツーです。このトークは、きっと世界の音をより美しいものにしてくれることでしょう。

ジュリアン・トレジャー: 人を惹きつける話し方 | TED Talk

声の力

人間の声は誰もが奏でるものだが、世界で最も力強い音だと言える。人間の声だけが、戦争を始め、愛を伝えられる。でも、話しているのに誰も聞いていないという経験をしたことも多いだろう。なぜか?どうすれば力強く話し、世界を変えられるのか?そのためには悪しき習慣を止めればよい。

話者の七つの大罪

かなり影響が大きい私たちが陥りがちな7つの悪習慣をあげる。

1. うわさ話、その場にいない人の悪口を言うこと

2. 批評

3. ネガティブさ

4. 不平

5. 言い訳

6. 脚色・誇張

7. 独善的になり事実と意見を混同すること

以上が「話者の七つの大罪」で私たちが避けるべきことだ。

HAIL

前向きに取り組むこともできる。話に力を与え世界を変えるために、私たちが立脚すべき4つの強力な礎がある。4つの頭文字を取ると「HAIL」となる。意味は「熱烈に歓迎し称賛する」。この4つを拠り所にして言葉を届けるとそんな反応が返ってくるはずだ。

「H」honesty(正直さ):真実を話し率直に明快であること。

「A」authenticity(素直さ):ありのままであること。

「I」integrity(誠実さ):有言実行し信頼される人物になること。

「L」love(愛):ロマンチックな愛ではなく皆の幸せを願う愛。

愛があるには理由がある。絶対的な正直さが全てではない。他人を傷つけるような言葉はいらない。愛で和らげれば正直さは素晴らしいものになる。また、本当に誰かの幸せを願えばその人を批評することは難しくなる。これが「HAIL」だ。

喉の使い方

何かを言うということは、内容とともに伝え方も大事。「のど」というすごい楽器で道具箱を使いこなしている人は少数だ。話す力を高める為に使いこなさなければならない。

声域

声に重みを加えたいなら胸から声を出す。低い声の政治家に投票するという事実もある。私たちは深さを力や権力と結びつけるからだ。

声色

声の質感のこと。研究によれば、豊かでなめらかで温かみのある声が好まれる。あなたの声がそうでなくとも訓練できるので悲観する必要はない。ボイス・トレーナーを探そう。息づかいや姿勢、練習によって見違えるように声質を改善できる。

韻律(プロソディー)

ずっと同じ調子で話されると聞く気が起きない。韻律がないからだ。それから、実際は疑問ではなく意見なのに、疑問文のように文末が上がる癖。これを何度も繰り返していると韻律を使って意思疎通を図ることができなくなる。この癖はぜひともなくそう。

ペース

とても速く話すとすごく興奮している感じになり、ゆっくり話すと強調できる。究極的には沈黙する。ちょっとの沈黙は何も問題はない。「えーと」「あー」で沈黙を埋める必要はない。沈黙にはすごい力がある。

感情の高ぶりは普通「音高(ピッチ)」とテンポで表現するが、実は音高だけでも可能。音高を変えると少し違う意味になる。

声量

声量によって興奮した感じにできる。あるいはとても静かに話すことで注意を引きつけられる。大音量でずっと話す人もいるがそれは避けよう。何も考えずまわりの人に自分の音を無神経に押しつけているだけだ。

 

こうしたことは何か重要なことを伝えるときに役立つ。講演、プロポーズ、賃上げ交渉や結婚式でのスピーチなど。それが何であれ、ここぞというときには、ぜひこの道具箱を見てこれから使うエンジンも確認しよう。エンジンは温めなければ動かない。声もウォーム・アップしよう。

最後に

今の私たちは、雑音や騒音が渦巻く環境で聞いてくれない人を相手にあまり上手くない話をしている。もし私たちが意識的に、聴く人を相手に目的にふさわしい環境で力強く話せたら、音を意識的に創り出し意識的に受け止めすべての環境を音を意識してデザインしたら、世界には音が美しく響き、そこでは相互理解が当たり前になるだろう。

感想

話し方で印象が変わるのは経験からほとんどの人が知っている。自分も初対面の人に対していろいろな話し方をして、どれが1番相手の反応がよいか試したことがあった。話し方によって相手の態度が変わるので面白かった。自分の経験からなんとなく良い話し方を選んだけど、TEDを参考にもっと論理的に理解して意識して日頃から声を出すようにしようと思う。