db


ジル・ボルト・テイラーのパワフルな洞察の発作




f:id:kohhe:20190510025146p:plain

 

ジル・ボルト・テイラーのパワフルな洞察の発作

講演者:Jill Bolte Taylor(ジル・ボルト・テイラー)

ジル・ボルト・テイラーは、脳科学者なら願ってもない研究の機会を得ました。広範囲に及ぶ脳卒中の発作により、自分の脳の機能―運動、言語、自己認識―が、1つひとつ活動を停止していくのを観察することになったのです。この驚くべき物語をお聞きください。

ジル・ボルト・テイラー: ジル・ボルト・テイラーのパワフルな洞察の発作 | TED Talk

なぜ精神疾患の研究をするのか

私が脳の研究をするようになったのは、統合失調症という脳障害を持つ兄のためだった。私には夢と現実を関連づけられ夢を実現させることもできるのに、なぜ統合失調症の兄の脳には夢をみんなと同じ普通の現実に結び付けることができず妄想となってしまうのか、妹として、後には科学者として知りたかった。

 

そうして私は重い精神疾患の研究に身を捧げることになった。ハーバード大学精神科のフランシーン・ベネスの研究室に入り、1つの問への答えを追い求めた。正常と診断される人の脳と統合失調症や統合失調性感情障害、双極性障害と診断される人の脳には生物学的にどんな違いがあるのか?

ある朝の出来事

私たちは脳の回路のマッピングをしてどの細胞とどの細胞がどんな化学物質をどれだけ使って通信をしているのか調べた。日中はこのような研究を行い、夜や週末には精神障害者家族会であるNAMIの活動であちこち飛び回っていた。ところが、1996年12月10日の朝、目を覚ますと私自身が脳障害を起こしていた。左脳の血管が破裂した。4時間の間に自分の脳が情報処理能力を失っていくのを経験した。大出血を起こしたその朝、私は歩けず、話せず、読み書きも自分の生活について思い出すこともできなかった。

脳の仕組み

 

f:id:kohhe:20190503115443p:plain
f:id:kohhe:20190503115434p:plain
f:id:kohhe:20190503115451p:plain

 

こちらが脳の正面で後ろには脊髄がぶら下がっている。こういう状態で頭の中に納まっている。2つの大脳皮質は完全に分離している。コンピューターに例えるなら右脳は並列プロセッサのように機能し、左脳は単一プロセッサのように機能する。3億もの神経線維から成る脳梁を通して、2つの脳半球は通信し合っている。しかしそれを除けば2つの脳半球は完全に分かれている。別々に情報を処理するため、それぞれの脳半球は考えることが違い、別なことに関心を持ち、それぞれ別な人格を持っている。

右脳について

右脳にとっては“現在”が、“この場所 この瞬間”がすべてだ。右脳は映像で考え、自分の体の動きから運動感覚で学ぶ。情報はエネルギーの形をとってすべての感覚システムから同時に一気に流れ込み、この現在の瞬間がどのように見え、どのように臭い、どういう味がし、どんな感触がし、どう聞こえるかが巨大なコラージュになって現れる。右脳の意識を通して見ると私という存在は自分を取り巻くすべてのエネルギーとつながった存在なのだ。

左脳について

左脳はまったく異なった存在。私たちの左脳は直線的、系統的に考える。左脳にとっては過去と未来がすべてで、左脳は現在の瞬間を表す巨大なコラージュから詳細を拾い出し、その詳細の中からさらに詳細についての詳細を拾い出すようにできている。そしてそれらを分類し、全ての情報を整理し、これまで覚えてきた過去の全てと結びつけて将来の全ての可能性へと投影する。そして左脳は言語で考える。継続的な脳のしゃべり声が内面の世界と外の世界とをつないでいる。計算的な知能が洗濯をするよう等を思い出させる。しかし、最も重要なのはその小さな声が私に“私がある”と言うことだ。左脳が“私がある”と言った途端、私は切り離され、1人の確固たる個人となり、周りのエネルギーの流れから離れ、周りの人から分離される。そしてその部分が、脳卒中の朝に私の失ったものだった。

脳卒中体験の全容

脳卒中の朝、私は左目の裏にひどい痛みを感じ目を覚ました。私にとっては痛みを体験すること自体珍しいことだったので、そのうち消えるだろうと思い起き上がって、全身有酸素運動用のローイングマシンに飛び乗った。バーを握っている自分の手がまるで怪獣の鉤爪のように見え、自分の体を見下ろすと“うわ、私奇妙な格好してる”と思った。私の意識は、マシンの上にいるという通常の現実認識から離れ、どこか奇妙な場所からエクササイズする自分を見ているようだった。

 

全てがとても奇妙で頭痛がひどくなり、マシンを降りてリビングルームを歩きながら体の中のすべてが速度を落としたように感じた。歩みはぎこちなく認識能力が制限されているようなので、自分の体の中だけに意識を集中した。浴室に入ってシャワーを浴びようとしていると体の中で、

「そこの筋肉、縮んで。」「そっちは緩めて。」

という小さな声が聞こえてきた。私はバランスを崩し壁にもたれた。そして腕を見るともはや自分の体の境界が分からなくなっていることに気付いた。自分がどこから始まりどこで終わるのかその境界が分からなかった。唯一感じ取れるのはエネルギーだけだった。

 

そして自分に問いかけた。

「私はどうしちゃったの?何が起きているの?」

その瞬間、左脳のささやきが完全に途絶えた。最初、頭の中の静寂にショックを受けていたが、それからすぐに周囲の大きなエネルギーに魅了された。もはや体の境界が分からない私は自分が大きく広がるように感じた。全てのエネルギーと一体となり、それは素晴らしいものだった。

 

突然左脳が復帰して言った。

「おい、トラブルだ!助けを呼ばなきゃ!大変、大変!」

と繰り返す。それで私は、

「そうか、トラブルなのか。」

と。しかしすぐさっきの意識の中へと押し戻される。私はこの空間を親しみを込めララランド(陶酔の世界)と呼んでいる。そこは素晴らしい所だった。外の世界と自分をつなぐ、脳のしゃべり声から完全に切り離されている。この空間の中では、仕事に関わるストレスが全て消えた。体が軽くなったのを感じ、外界全ての関係とそれにかかわるストレスの元がすべてなくなった。

 

それからまた左脳が戻ってきた。

「おい!ちゃんと注意を払え!助けを呼ばないと!」

それで私も集中しなくてはと思い、シャワーから出て無意識に服を着てアパートの中を歩き回り、仕事に行かないとと考えた。その瞬間、右腕が完全に麻痺し私は自分が脳卒中を起こしたことに気付いた。次の瞬間私が思ったのは、

「わあ!すごい!自分の脳を内側から調べるチャンスに恵まれる脳科学者なんてそうはいない。」

「でも私すごく忙しいんだった!脳卒中になってる暇なんかないわ!」

「でも脳卒中は止められないし、1~2週間だけこれをやって、それからまた通常に戻せばいいわ。取りあえず職場に連絡しないと。」

でも職場の電話番号が思い出せず、名刺に電話番号が書いてあるのを思い出し、書斎に行って8センチほどの名刺の山を取り出した。一番上の名刺を見て、心の中ではちゃんと自分の名刺がどんなものか分かっているのに、それが 自分の名刺なのか分からず見えるのは画素だけだった。文字の画素が背景の画素や記号の画素と混じり合って、見分けられなかった。それで「物事がクリアになる波」を待った。その波が訪れると普段の現実に再び結びつくことができて、これは違う、これは違うと振り分けられた。45分かかってやっと名刺の山を3分の1進め、その45分の間に出血は脳の左側でさらに広がっていた。数字も電話も理解できなくなったが、電話機と名刺を置き、名刺に書かれたくねった線の形と電話のボタンにあるくねった線の形を照らし合わせていった。しかし、またララランドへ押し流されてしまい、我に返ると番号をどこまで押したか覚えていない。だから、麻痺した腕で名刺の電話番号を覆っていき、また現実に戻ったときにこの番号は押したと分かるようにした。

 

最終的に全ての番号を押して電話に耳を澄ますと電話を取った同僚が言った。

「ワンワンワンワン。」

私はゴールデンレトリバーみたいだと思い、はっきり返事した。

「ジルよ!助けが必要なの!」

でも口から出たのは、

「ワンワンワンワンワン。」

だった。話しも言葉の理解もできないことに試してみるまで気付かなかった。彼は、私に助けが必要だと分かり手配してくれた。しばらくして私はボストンのある病院からマサチューセッツ総合病院へ向かう救急車に乗っていた。私は胎児のように丸まってほんの少し空気の残った風船から最後の空気が抜けていくようにエネルギーが抜けて魂が諦めるのを感じた。そしてその瞬間に私はもはや自分の人生の振付師ではなくなったのだと知る。医者が私の体を助けてもう一度チャンスを与えてくれなかったら、おそらくこの世を去るところだったのだろう。

 

その日の午後に目覚め、自分がまだ生きていることに驚いた。私は自分の魂が諦めるのを感じたとき、自分の人生にお別れをしていた。私の心は、2つの対照的な現実の間で宙づりになっていた。感覚システムから入って来る刺激は痛み以外の何でもなく、光は野火のように私の脳を焼き、音はあまりにうるさく騒音の中から声を聞きわけることができず、ただただ逃げ出したかった。自分の体の状態も認識できず、体が大きく拡大するように感じ、私の魂は大きなクジラのように自由に飛び、静かな幸福の海を滑るように進んだ。私は天国を見つけた。この大きくなった自分を再び小さな体の中に押し込めるのは無理だろうなと思ったのを覚えている。

 

しかし私は思った。

「でもまだ私は生きてる!そして天国を見つけた。私が天国を見つけてまだ生きていられるのであれば、生きている皆も天国を見つけることができるんだ。」

と。世界が美しく平安で思いやりに満ちた愛する人々で満たされ、みんないつでもこの場所に来られると知っているのを思い描いた。意図して左脳から右脳へと歩み寄り、この平安を見出すことができるのだと。この体験がどれほど大きな賜物となるか生きている人たちにどれほど強い洞察を与え得るか、そのことに気付き、それが回復への力になった。大出血から2週間半後、手術で私の言語中枢を圧迫していたゴルフボール大の血腫が取り除かれた。完全に回復するまで8年かかった。

自分の中の2者

私たちは一体何者なんでしょう?私たちは器用に動く手と2つの認識的な心を備えた宇宙の生命力だ。そして私たちはこの世界の中でどんな人間でいたいのか、どのようにありたいのか、すべての瞬間瞬間において選ぶ力がある。今ここでこの瞬間、私は右脳の意識へと寄る事が出来る。そこでは私は私を作り上げる50兆もの美しい分子が一体となった生命力の塊だ。あるいは左脳の意識へと寄って1人の堅実な個人としてあることを選べる。大きな流れや他の人とは別個の存在だ。私はジル・ボルト・テイラー博士、理知的な神経解剖学者だ。この2者が私の中にある「私たち」なのだ。皆さんが選ぶのはどちらでしょう?どちらをいつ選びますか?私たちがより多くの時間を右脳にある深い内的平安の回路で生きることを選択すれば、世界にはもっと平和が広がり、私たちの地球ももっと平和な場所になると信じている。そしてこれは広める価値のある考えだと思った。

感想

脳科学者が自分の脳卒中になった時の体験を事細かに説明してくれるだけで興味がある。体験してみないと本当にはわからないかもしれないけど、かなり詳しく説明してくれるので想像できる。聞いていてとても面白かったし、自分に似た症状が起こったら脳卒中を疑えばいいのかと分かったのも為になった。ただ終盤にスピリチュアルな方向にいったのは意外だった。それだけ神秘的な体験だったのかもしれない。