db


嘘の見抜き方/パメラ・メイヤー




f:id:kohhe:20190510024846p:plain

 

嘘の見抜き方

講演者:Pamela Meyer(パメラ・メイヤー)

私たちは1日に10~200回ほど嘘をつかれており、嘘を見抜く手掛かりはとてもとらえにくく、また直感で自然に分かるものでもありません。「しょっちゅうウソをつかれてしまうあなたへ 」の著者パメラ・メイヤーが、嘘の手法と、嘘が多く使われている場面でどうやって訓練をした「嘘を見抜く専門家(嘘発見人)」が嘘の検知を行うのか、その方法を見せてくれます。 また「正直さ」は守るべき価値観であると彼女は主張しています。

Pamela Meyer: パメラ・メイヤー:嘘の見抜き方 | TED Talk

嘘とは

私たちはみな嘘つきだ。私たちがなぜ嘘つきなのかについて、どうすれば嘘を検知できるようになるのか、また私たちはなぜ嘘を見抜き真実をみつけ最終的に信頼関係を築くために努力しようとするのかについて話す。

 

嘘発見人は、嘘を見つけるための科学的な知識を持っており、それを使って真実を見つける。嘘発見人は最初に核となる命題を受け入れることから始める。その命題とは嘘は共同作業であるということだ。どんな嘘も口から発せられたでけでは効力を持たない。他の誰かがそれを信じて初めて嘘は力を得る。

 

あなたが嘘をつかれたのは、嘘をつかれることを許したからなのだ。嘘は共同作業である。全ての嘘が悪いわけではない。時に私たちは進んで嘘に協力する。体面を保つために、またおそらくは黙っていたほうがよいことを隠すために。

 

「誰もが己の願望のためには、進んで何かを差し出すものだ」これが嘘の本質。あなたが騙されたくないと思うのなら自分の願望を知る必要がある。私たちの願いや夢想と現実の差を埋めようとするのが嘘なのだ。実際の自分と こうありたい自分との差だ。進んで現実との差を嘘で埋めようとする。

 

研究によると、私たちは毎日10回から200回嘘をつかれる。別の研究によると初めて会う人同士は最初の10分で3回嘘をつくという結果もでている。私たちは職場の同僚より見知らぬ人により嘘をつき、外向型の人は内向型の人よりもより嘘をつき、男性は他人のことより自分のことについて8倍嘘をつき、女性は他の人を守るためにより嘘をつく。もしあなたが平均的な夫婦なら10回の会話で1回は嘘をついている。独身なら3回に1回に増える。

 

嘘は複雑な行為で、嘘は私たちの日々の生活やビジネスに織り込まれている。私たちは必要にせまられて、もっともな理由があって、時には単に現実を受け入れられず嘘をつく。私たちは嘘を否定しながらも裏では嘘をついている。それは何世紀にも渡って私たちの社会で承認されてきている。嘘は呼吸と同じくらい古いもので私たちの文化、歴史の一部だ。ダンテやシェークスピア、聖書や世界のニュースを見ればわかる。

 

人類という種にとって嘘は進化的価値がある。研究者達の間では以前から知的な種ほど大脳の新皮質も大きくなって嘘をつくようになることが知られている。私たちは嘘の達人になる本能を備え、非常に早い頃からその頭角を表す。赤ちゃんは嘘泣きをしてみて来る人によって泣きやんだり、また泣き始める。一歳児は隠蔽を覚え、二歳児は はったりをかける。四歳児は公然と嘘をつき、おべっかを使う。九歳児はごまかしの達人で、大学に入学するころには母親との会話で5回に1回は嘘をつくようになる。職について稼ぐようになると嘘に取り囲まれるようになる。社会に虚は蔓延している。「真実が失われた社会」だ。今にいたるまでずっと嘘に翻弄されてきた。

嘘をつく時の特徴

実はこのような苦境を乗り切るための手段がある。訓練された嘘発見人は90%の確率で真実を見つける。普通の人は54%くらい。なぜそんなに簡単に習得できるかというと上手下手はあっても本当に独創的な嘘つきはいない。嘘をつく時、同じように間違い、同じテクニックを使うからだ。

嘘をつく時の会話の特徴

  • 否定しようと意気込みすぎている場合、形式ばった言葉を使う
  • 「あの人」のような距離を置く言葉を無意識に嘘の対象について使う
  • 「本当のことを言うと」や「率直に言って」などの修飾する言葉を使う
  • された質問をそのまま繰り返したり、詳細すぎる説明を振りまく。

嘘をつく時のボディランゲージの特徴

  • 私たちは嘘つきは始終そわそわしていると思っているが、嘘をついているときは上半身を動かさない
  • 嘘つきは目を見ないと思っているが、嘘つきはこのことを逆手にとって余計に長く目を見つめる
  • 熱心さやほほえみは、正直さや親密さをあらわすと思われているが、偽の微笑みは見抜くことができる。
    f:id:kohhe:20190505000146p:plain
    f:id:kohhe:20190505000153p:plain

    ほほの筋肉は意識して動かすことができるが、本物の笑みの場合は目じりに小じわができる。ボトックス注射をしすぎると特に目の筋肉は動かせなくなるので、やりすぎに注意。誰もあなたを信頼しなくなってしまう。

態度から嘘を見抜く

話されている言葉としぐさの不一致を見つけることで嘘を見抜くことができる。嘘と疑っている人と話す時には大変見落とされがちなのだが、実は態度が嘘をついているかどうかを表す。

犯人だと疑われている場合

無実な人は協力的で、あなたの味方だという態度を示し、熱心に自分から進んで真実をみつける手助けをしようとする。一緒に考え、疑わしい人の名前をあげたり、詳細な話をする。無実の人は不当に疑われていることがわかったら、一瞬ではなく、 取り調べの間ずっと激昂するはずだ。改ざんの犯人に対して、どんな処罰を与えるべきか無実な人に質問すると寛大ではない厳しい処置をするべきだと答えることが多い。

 

嘘を付いている人は、体を遠ざけて下を向き、声を低くし、尻込みし、ぎこちない態度をとる。嘘をついている人に話をさせると重要でないすべてのところに細かい説明をつけすぎるだろう。そして、厳密に時系列に話をする。 訓練された尋問者は、数時間にわたる尋問でさりげなく少しずつ検証する。同じ話を逆さまに話してくださいと頼んでその人が落ち着かない時を探し、どの質問が最も疑わしい兆候があったのかを見極める。嘘をつくときに話のおさらいはするが、身振りまでは練習しない。「はい」といいつつ頭を「いいえ」と振ったり、非常に説得力のある話をしながら肩をわずかにすくめたりする。恐ろしい犯罪を犯した時に逃れられた安堵から笑みを浮かべる。この笑みは「duping delight(欺瞞者の喜悦)」として知られている。

漏れ出る表情

自分の感情を覆い隠そうとして別の表情をする時には、ほんの一瞬、元の感情が漏れ出ることがよくある。殺人者は悲しみの表情を漏らすことで知られている。新しい提携先と合意に達してお祝いに夕食を共にした時、怒りの表情を漏らすかもしれない。

 

非常に危険な兆候は、侮蔑の表情。怒りがあっても人は付き合っていき、同じ土俵にもいられるが、怒りが侮蔑に変わったら終わり。侮蔑とは道徳的上位に立っているということだからだ。関係を修復するのは大変難しい。

 

f:id:kohhe:20190505000426p:plain

 

これが侮蔑の表情。片方の口の端が上に上がって中に入り込む。表情の中で侮蔑はたった一つの非対称な表情で、この侮蔑の表情を見たら騙そうとしていようがいまいが、すぐに背を向け、方向転換して取引を見直すべきだ。

嘘の兆候

科学はたくさんの嘘の兆候を暴き出している。

  • 嘘つきはまばたきの回数を変えること。
  • 足を出口側に向けようとする。
  • インタビュアーとの間に物をおいて垣根を作ろうとする。
  • 声のトーンを変えしばしば低い声をだそうとする。

ただ、しぐさは単にしぐさにすぎなく、嘘の証拠ではない。私たちは人間で、一日中いたるところで嘘が疑われる動作をしている。しぐさ自体は何も意味していないが、それがいくつもあったら注意が必要。よく見聞きし探り、難しい質問を投げてみて、ゆったりとくつろいだ雰囲気から興味を惹かれた感じでもっと質問をしてみよう。尊厳を忘れずに親密な間柄だと感じさせるようにしながらだ。決して攻撃的にならないこと。それではうまく行かない。

真実について

真実がどのように表されるのかについての科学技術は進歩している。視線追跡装置や赤外線脳スキャン、嘘をつこうとしている時に体から発される信号を解読するMRIなど。いつの日か詐欺に対する万能薬としてこうした機器は非常に便利になるでだろう。しかしそれまでは自力で嘘をみつけなければならない。

現代の嘘

ブログやSNSで自分達の生活を公開することを選んだ全く新しい世代の人々が噂話を公開している。以前に比べて遙かに真実が見えにくくなった世界だ。私たちに与えられた一つの課題は、過度な共有は正直さではないということを覚えておくこと。熱狂的なツイートやテキストメッセージは、さりげなく表される良識や高潔さが常に大切であり、これからも大切だということを見失わせてしまう。つまり、この真実が見えなくなった世界で私たちに必要なのは。今までよりもほんの少し自分の道徳基準を明確に示すことだ。

感想

相手が嘘をついてるかどうか分かるならなんて便利なんだろう。この講演内容通りにすれば、嘘を見抜けるようになるとはならないだろうけど、もしかしたら嘘をついてるかもしれないと疑うヒントにはなると思った。みんなが悪質な嘘を疑う能力を持てば世界はより良くなるのかもしれない。難しいだろうが。