db


ストレスと友達になる方法/ケリー・マクゴニガル




f:id:kohhe:20190510024653p:plain

 

ストレスと友達になる方法

講演者:Kelly McGonigal(ケリー・マクゴニガル)

ストレス。そうストレスのせいで心拍数は増え、呼吸は速くなり、額にに汗が出て来たりします。しかし、ストレスが健康の敵とされてきた一方、ストレスが体に悪影響を及ぼすのはそう信じるからだ、と新しい研究が示唆しています。心理学者ケリー・マクゴニガルは、私達にストレスを肯定的に捉える様にと促し、これまで知られていなかったストレスを軽減する仕組として、手を差し伸べ合う事を紹介します。

ケリー・マクゴニガル: ストレスと友達になる方法 | TED Talk

ストレスに関する新事実

アメリカで3万人の成人の動向を8年間追跡調査した。この研究ではまず「去年どれ位ストレスを感じましたか」「ストレスは健康に害になると信じますか」といった質問を参加者に答えてもらう。そして後に公開されてる死亡記録を使って参加者の誰が亡くなったか調べた。

 

前年にひどいストレスを経験した人たちは、死亡するリスクが43%高かった。しかし、このことはストレスが健康に害を及ぼすと信じていた人たちだけに言えることだった。ひどいストレスを経験してもストレスが無害だと思う人たちの死亡リスクは上がるどころか、ストレスが殆どなかったグループと比較しても研究参加者の中で最も低かった。

 

研究者は死亡者数を8年に渡り追跡し、18万2千人のアメリカ人がストレスからでなく、ストレスが体に悪いと信じていた事によって死期を早めたと判断した。この研究で考えさせられた事は、ストレスに対する考え方を変える事でより健康になれるのかという疑問だった。科学はイエスと答えている。ストレスに対する考えを変えたらストレスに対する体の反応を変えることができるのだ。

社会的ストレステスト

社会的ストレステストについて説明する。実験が行われる部屋に入ると、自分の弱点についての5分間の即興スピーチを何人もの熟練した審査員の前で行うように指示される。プレッシャーを確実にかける為にギラギラしたライトやカメラが顔に向けられ、さらに審査員らはわざと落ち込ませるような態度で反応する。すっかり落ち込んだ所で、数学のテストを行う。ストレスを感じるだろう。心臓は高鳴り、呼吸は速くなり、汗が噴き出るかもしれない。普通これらの肉体的変化は、プレッシャーにうまく対応してない時の兆候か不安感の表れだと思われている。

 

ハーバード大学の研究で、この社会的ストレステストの前に自分たちのストレス反応を有用なものとして考え直す様に教えた。例えば、高鳴る鼓動は行動に備えて準備をしていて、呼吸が速くなっても全く問題ではなく、脳により多くの酸素を送り込んでいるというようにだ。ストレス反応は能力を発揮できるように助けていると捉える様になった参加者は、ストレスや不安が少なくもっと自信を持てるようになり、ストレスに対する身体的反応の仕方が変わった。

 

普通ストレス反応では、心拍数が増えて血管は収縮する。これが慢性のストレスが心臓病と関連づけられる理由の1つだ。しかし研究では、参加者がストレス反応を有用なものと考えられるようになると血管はリラックスしたままだった。心臓は高鳴っていたが、健康的な状態。この状態は実は喜びや勇気を感じる時の状態にかなり似ている。ストレスの多い人生でこの生物学的な変化1つが、50歳でストレス性の心臓発作を起こすか、90代でも健康でいるという違いを生むかもしれない。これはストレスへの考え方次第で健康が左右されるというストレスに関する新しい科学的発見だ。

 

もはやストレスを取り除くのではなく、ストレスと上手に付き合えるように目指すのがよい。心臓がストレスで高鳴ったなら、自分の体がこのチャレンジに立ち向かおうとし、自分を助けていると言い聞かせるとあなたの体はあなたを信じ、ストレス反応は健康的なものとなる。

オキシトシンについて

オキシトシンというホルモンは、人を抱擁する時に分泌されるので「抱擁ホルモン」といわれる。オキシトシンの効果をあげる。

  • 神経ホルモンで脳の社会的本能を絶妙に調整している
  • ほかの人々との親密な関係を強めるような行動を促す
  • 友達や家族との身体的な接触を強く望むようにさせたる
  • 人との共感を高める
  • 私たちが大切に思う人たちを進んで助けたり支えたいと思わせる

驚くべきことに、このホルモンはストレスホルモンなのだ。ストレス反応の一環として、下垂体はこのホルモンを分泌する。ストレス反応としてオキシトシンが分泌されると、誰かに支えてもらいたいと思わせる。ストレスから生じる生物学的反応は、感じている事を中に閉じ込めてないで、誰かに話せと促しているのだ。ストレス反応は、誰かが助けが必要な時にあなたが気づけるようにして、お互い助け合う様にしている。

 

オキシトシンは脳だけに働くのでなく、心血管系をストレスの悪影響から守る自然の抗炎症薬なのだ。ストレスを感じても血管を弛緩状態に保つ。体への好影響は心臓にも起こる。このホルモンの受容体が心臓にあり、オキシトシンが心臓の細胞を再生し、ストレスで起きるダメージを治す。オキシトシンがもたらす体への利点はその全てが社会的繋がりやサポートで強められる。ストレス下の人に手を差し伸べ、助けたり助けられたりすると、このホルモンが分泌され、ストレス反応は健康なものとなり回復する。ストレス反応には、ストレスからの回復の為の機能が内蔵されていて、その機能が人との繋がりなのだ。

もう一つの研究結果

アメリカで約千人の34歳から93歳までの成人を追跡調査した。まず参加者に「去年どれ位のストレスを感じましたか」「コミュニティーや近所の人、友達を助ける為にどれ位時間を費やしましたか」といった質問をする。その後5年間、その中の誰が亡くなったかを見るため公の死亡記録を使った。

 

経済的惨事や家庭危機などの重大なストレスを経験すると死のリスクが30%増加する。しかし、他の人への思いやりに時間を費やした人々には、ストレスから来る死亡の増加は全くなかった。ストレス反応が自分を助けてくれていると考えるようにすれば、勇気が出るような生物学的反応が起きる。そして、ストレス下にいる人に手を差し伸べるようにすれば、自分の中に回復力を作り上げる。

 

もし誰かが生き方の選択をするとして、ストレスの多い仕事とストレスのない仕事とどちらを選ぶかで何か違いがあるだろうか。はっきり言える事は、意義ある事を求める方が、ただ不快感をを避けようとするより健康には良いということ。これが一番いい決め方だ。そして、人生の意味が見い出せるものを追求して、そこで経験するストレスに対応できると自分を信じる事だ。

感想

とりあえずストレスは悪いもの、だからなるべくストレスを感じない生活をしないといけないと思うばかりで、ストレスをどう捉えるかご重要なんて考えもしなかった。専門家でさえ、思いもよらなかったのだから無理もない。新しい発見というのは、本当に感心させられるなとつくづく思う。

 

これかれ先はストレスを感じない生活なとどいう幻想は捨てて、ストレスとどう付き合うかを重視したい。その為には人との関わりを大切にし、辛い時は無理せず遠慮せずに近しい人に頼ることが大事。とにかく長生きするためにオキシトシンをドバドバ分泌されるように意識する。