db


橋渡しのクイズ/アレックス・ジェンドラー




f:id:kohhe:20190522115346p:plain

 

橋渡しのクイズ

講演者:Alex Gendler(アレックス・ジェンドラー)

人里離れた研究所にインターンに行くのはマズイ選択だったかも。頭蓋骨模様のレバーを引いたりするんじゃなかった。そんなことを嘆いている場合ではありません。一刻も早くミュータントゾンビの群れから逃げ出さなくては。ゾンビに捕まらないように数学で全員が逃げ出せるでしょうか? アレックス・ジェンドラーがその方法を解説します。

講師: アレックス・ジェンドラー

アニメーション: Artrake Studio.

この教材の全編はこちら:Can you solve the bridge riddle? - Alex Gendler

Alex Gendler: 橋渡しのクイズ -アレックス・ジェンドラー | TED Talk

クイズ

人里離れた山中の研究所で頭蓋骨模様のあるレバーを試しに引くとゾンビが出てきた。一刻も早くこのゾンビの群れから逃げ出さなくてはならない。

 

あなたの他には用務員と研究助手と年老いた教授がいる。安全な道は大渓谷にかかる古びた長い吊り橋を渡る1つしかない。橋を渡るのにかかる時間はそれぞれ、あなた:1分、研究助手:2分、用務員:5分、教授:10分。

 

f:id:kohhe:20190522122157p:plain

 

教授の見立てによるとゾンビは17分で追いついてくるので、全員が渡り終わってロープを切るまでにあまり時間はない。そして、あいにく1度に2人ずつしか橋を渡ることができない。さらに悪いことにあまりに暗くて視界が悪く、手元の古ぼけたランタンでは限られた範囲しか照らせない。1度に橋を渡れるのは2人だけでランタンで足元を照らしながら一緒に進まなくてはならない。渓谷の両端で待っている時は暗くてもいい。

 

一番重要なのはゾンビが来る前に全員が無事に渡り終えていること。そうしないとまだ誰かが橋にいる間にゾンビも橋を渡ってくる。ズルはしないこと。空中ブランコのようにして渡ったり、橋を筏にしたり、ゾンビと友達になるのもなし。考えてみよう。

答え

カギとなるのは速度が遅い2人が一緒に渡ることで時間を最小限にすることだ。ランタンを持って2度戻らなくてはならないので、これは足の速い2人に任せたい。

 

まずあなたと助手がランタンを持って渡る。その時は助手に合わせて少し速度を落とすので、2分後に2人が渡り終える。1番俊足のあなたがランタンを持って戻る。まだ3分しかたっていない。

 

次に教授と用務員がランタンを持って一緒に渡る。2人は10分かかる。2人が渡り終えると残りは4分。対岸で待っていた助手は2番目に足が速いので、彼女は教授からランタンを受け取り走って戻ってくる。ここで残り2分。いよいよ2人で渡り到着すれば縄を切って橋を壊せばよい。何とか間に合った。

感想

こういうクイズは好きで似たような問題を結構やったことがある。久し振りにやったけど、この系統のクイズはあいかわらず楽しい。しっかり悩むとたとえ解けなくても、答えをみたときに快楽物質が脳から出る感じがして病みつきになってしまう。嵌って時間を奪われすぎるのには注意しないと。