db


【出発〜金沢駅】はじめての金沢旅行




東京に5泊した後、観光の為にはじめての金沢と山中温泉に行くことに。東京はやらないといけない用事を済まして、行きつけの店をまわるくらいだったので特に新しい楽しさはなかったけど、金沢は本当に楽しみにしてた。

羽田空港から小松空港へ

f:id:kohhe:20190604133017j:plain

 

福岡から東京へは節約の為にジェットスターを使ったけど、金沢(小松空港)へはANAにした。ジェットスターは機体が小さいので少しの風でも結構揺れていたので、飛行機が怖い自分としては落ち着かなかった。対してANAは機体が大きく安心感があった。

 

いつもJALを使っていたのでANAに乗るのは初めてだった。実は初めてのANAもJALとどう違うのか楽しみにしていた。座席やサービスは特に違いを感じなかったが、機内安全ビデオは目を引いた。歌舞伎で説明していて、はじめて機内安全ビデオをしっかり最初から最後まで観た気がする。デザイン的には昔からANAの方が好きなのでANA党になろうかなと思った。今度国際線でもANAを使ってみたい。

 

 

離陸して30分頃にめちゃくちゃ綺麗な山が出てきたので、思わず写真を撮った。

 

f:id:kohhe:20190604133042j:plain

 

軽く調べてみたが何の山かわからなかった。北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、高遠、木曽駒ケ岳の中のどれかだと思う。

金沢駅

小松空港に着いた後、リムジンバスで金沢駅へ向かう。乗車時間は40分。片道1,130円で金沢駅〜200円区間の路線バス乗車券付。

 

f:id:kohhe:20190604133103j:plain

金沢駅西口。有名な「鼓門(つづみもん)」はどうやら反対側にあるらしい。

 

f:id:kohhe:20190604133200j:plain

金沢駅東口(兼六園口)に移動し、まず鼓門をみる。自分以外にも写真を撮る観光客がたくさんいた。実際にみてみると迫力がある。

 

f:id:kohhe:20190604133218j:plain

近くでみるとより迫力がある。素晴らしいシンボルだと思ったので、誰が設計したのか気になって調べた。設計したのは白江龍三氏という建築家だった。

 

f:id:kohhe:20190604133237j:plain

鼓門の近くには、噴水が時刻やメッセージを映し出す「噴水時計」があった。

廻る富山湾 すし玉 金沢駅店

金沢駅を見て回った後、お腹が空いたので何か食べることにした。近江町市場に行って食べるつもりでいたけど、朝早く起きたのと移動で疲れたのもあって金沢駅で食べることにした。

 

金沢なら魚介だろうということで寿司を食べた。金沢に来てはじめての食事する店の名前が「廻る富山湾」というのも違和感があったけど、美味しかった。

 

f:id:kohhe:20190604133316j:plain

思わず注文してしまったボリュームがあるねぎとろ軍艦。